2018-11-03

正本 最高級炭素鋼・紫丹柄ツバ付 洋出刃(両刃) 270mm 【品番:CT5327】


■■ 包丁種類とその特徴 ■■

◆柳刃包丁
関西で主要に使われてきた「刺身包丁」。先が尖っていて、これが色々と細工をする上で使いやすい包丁です。


◆蛸引包丁
主に関東で使われてきた、柳刃の他もう一つの「刺身包丁」。柳刃との相違点は全体的に薄いという点、先が平たいという点になります。


◆出刃包丁
魚をさばく包丁として有名です。魚の大きさによって長さや厚みが異なります。出刃の種類によってもいくつか細かく名前が分かれていて、「黒出刃」「鮭切」「相出刃」「小出刃」などがあります。


◆薄刃包丁
野菜専門の包丁です。「かつら剥き」等に使用することで有名で、主に関東で使われて来た形となります。


◆鰻サキ包丁
鰻を割くために使われる独特な形をした包丁。関東は鰻を背開きにして調理しますが、関東に限らずこちらの形を用いる場合が比較的多いようです。


◆ふぐ引包丁
形は柳刃と同様ながら、ふぐの薄作りを作るために包丁の厚みが極めて薄く作られています。刀身が非常に薄いため取扱いには注意を要し、研ぎ方が悪いと欠けさせてしまうことがあります。使用上は勿論、研ぐ上で最も神経を使う包丁とも言えます。


◆牛刀
牛刀は洋包丁で最もよく使われる包丁で、肉や野菜はもちろん、魚を卸したり、刺身を引くなど幅広く使うことができます万能包丁です。 180〜210mmは主にご家庭向けのサイズで、240〜270mmは業務・本職向けのサイズです。270mmより上のサイズは牛ロース肉の切り分けや野菜包丁として使われています。


◆ペティナイフ
ペティナイフは野菜・果物の皮むきや面取り・飾り切りなど細かな作業に便利な包丁です。


◆筋引
筋引はブロック肉の筋や脂身を取り除くのに便利な包丁です。自在に刃が動かせるように牛刀より細身でしなりがあるのが特長です。


◆洋出刃
引き切りの和包丁に対して、両刃で押し切りする丈夫な包丁です。肉や魚、カニをさばくのに適しています。


◆文化包丁(三徳包丁)
広く一般御家庭で使用されているやや四角い形状をした牛刀です。


◆スライス(ハム切)
薄切り肉や刺身、ハムなどスライスするための細身の包丁です。刃身は薄く、刃渡りは長いのが特徴です。 


◆骨スキ・ガラスキ・阪骨
鶏肉などの、骨から肉をはがすために使用する庖丁です。骨に添って刃を動かし肉を削ぎます、牛刀類に比べ刃が厚く、骨に当たっても刃先が刃こぼれしにくいようになっています。
また、「阪骨」は大阪型の骨スキです。


◆コマ切(小間切包丁)
文字通り、肉を小間切にしたり野菜の千切りに使う業務用包丁です。また、牛刀よりも刃の厚みがあり幅も広くかぼちゃや 白菜なども切りやすくなっていますので力作業に適してます。



※こちらの商品は取り寄せ品となっております。
取り寄せ日数はおよそ4〜5日ですが、日数が延びる場合もありますので予めご了承ください。



ここにプロの誇りがある、料理道を極めるプロに贈る。


◆最高級炭素鋼
不純物の少ない最高級炭素鋼を素材に、使い易さを全面に取り入れた調理師専用の決定版。研ぎ易く切れ味主体の庖丁です。



◇品番:CT5327
◇全長:410mm
◇重量:440g
◇背厚:4.8mm

価格
29,850円 (税込 32,238 円) 送料別
メーカー取寄品。通常3〜7営業日で発送。
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

Comments are closed.